レトルトパウチ加工によるヒューマングレードの7年保存防災備蓄ペットフード
2020年 09月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30    
今日
2020年 10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
 
防災備蓄用7年保存ペットフードとは






レトルトパウチ加工とは
 

  1. レトルト加工とは、昭和40年代に市場に登場してから約40年間続いている食品保存技術の一つです。パウチ(袋)に詰められた食品は、フィルムを熱で溶かして密封をし、レトルト(高圧殺菌釜)により、120℃・4分以上の高温・高圧で加圧加熱殺菌し冷却、検査をします。

    メリットは軽量で取扱やすく簡単に開けられること、さらにようきの廃棄処理がしやすいことなどが挙げられます。

    弊社ではフードメーカー製造の1次加工品を原料として使用し、それを小分けにしレトルトパウチ加工=2次加工品として、7年間の保証をお付けし、お客様のお手元にお届けいたします。